ユーザー登録
文字サイズ

広報東京都 令和元年12月号

おしえて オリンピック・パラリンピック 59

3/33

東京都 クリエイティブ・コモンズ

施設 編
海の森水上競技場

海の森水上競技場は、東京2020大会に向けて東京都が新たに整備した競技会場の1つで、元年5月に工事が完了しました。中央防波堤の水路の東西両端に波の進入を防ぐ「締切堤」を設け、2,000mの競技コースが作られました。大会時には、ボートおよびカヌーの競技会場として使用されます。
主な施設には、「締切堤」や「水門施設」のほか、約2,000席の観客席を配置した「グランドスタンド棟」やボート・カヌーを保管する「艇庫棟」などがあります。
大会時には仮設席を増設し、立見席を含めボートでは最大約16,000人、カヌーでは約12,800人を収容します。
東京2020大会後は、国際水準の競技場として各種水上競技大会の開催、水上スポーツ体験や海の森公園と連携したイベントなど、さまざまな利用が見込まれています。
「大会期間中は世界中の方々の熱気と興奮に包まれることでしょう。大会後には、選手の競技力向上はもちろん広く水上スポーツに親しめる場として、また、いろいろなイベントの会場としても、末長く愛される施設にしていきます。(施設管理担当者)」

所在地:江東区青海3丁目地先。都営バス「環境局中防合同庁舎前」下車、徒歩約20分。

お問い合わせ:オリンピック・パラリンピック準備局大会施設部
【電話】03-5320-7801

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階