ユーザー登録
文字サイズ

広報東京都 令和2年1月号

監査により施設のサービスや補助金の過大交付などを改善

7/32

東京都 クリエイティブ・コモンズ

監査委員は、都の行財政が正しく無駄なく運営されているか監査し、問題点を指摘して各局に改善を求めています。今回は、未改善であった指摘等168件のうち、114件が改善済みとなりました。

■主な改善事例
▽武蔵野の森総合スポーツプラザでは、カフェスペースや多目的スペースの活用実績が低調であったほか、屋上庭園が常時閉鎖されているなど、当初計画されていた施設の活用が十分ではありませんでした。

カフェスペースや屋上庭園の開放を行うとともに、多目的スペースで東京2020大会についての展示を行うなど、改善を行いました。

▽都営地下鉄の駅等で行う、外国人観光客や高齢者への案内業務委託において、業務従事者が英会話能力を有しているかの確認がなされておらず、接遇や語学など必要な研修も適切に行われていませんでした。

業務従事者の資格・能力を示す書類を受けるとともに、計画に沿った研修を適時適切に行うよう受託者を指導しました。

▽社会福祉法人に対して交付された補助金が、算定誤りなどにより7件で約756万円過大となっていました。

過大交付分の返還を受けました。また、補助対象設備の現場確認を強化するなど、再発防止を図りました。

改善状況の詳細、その他の改善案件については、監査事務局ホームページの「監査指摘・改善措置等検索システム」からご覧いただけます。ぜひご利用下さい。

お問い合わせ:監査事務局総務課
【電話】03-5320-7017
【HP】http://www.kansa.metro.tokyo.jp/

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階