ユーザー登録
文字サイズ

広報東京都 令和2年2月号

4月1日から、「東京都受動喫煙防止条例」・「改正健康増進法」全面施行

14/25

東京都 クリエイティブ・コモンズ

~決められた場所以外で、たばこは吸えなくなります~

飲食店や喫煙設備のある施設等の入り口には、その施設における喫煙可否の状況が分かる標識が掲示されます。
喫煙禁止場所での喫煙には罰則が設けられます。

■喫煙室について
屋内でたばこを吸うことができるのは、以下の場所のみです。
喫煙室の中は、利用者・従業員を含め20才未満は立入禁止です。

▽喫煙専用室
喫煙のみ可能、飲食等不可

▽指定たばこ専用喫煙室
加熱式たばこに限り、飲食等をしながらの喫煙が可能

▽喫煙可能室(店)
従業員がいない等、一定の基準を満たす飲食店の一部または全部。飲食等をしながらの喫煙が可能

▽喫煙目的室(店)
シガーバー等たばこの対面販売を行う飲食店の一部または全部。飲食等(主食除く)をしながらの喫煙が可能

■事業者の方へ
施設の中に喫煙場所を作る場合は、法の定める基準を満たす必要があります。喫煙室を設置した場合は、施設の入り口等に標識を掲示して下さい。
※喫煙可能室を設置した飲食店は、管轄の保健所等に届け出が必要です。様式等はホームページで入手可。
※飲食店は禁煙のお店も標識の掲示をお願いします。

●新制度に関する事業者向け説明会を開催
2月26日(水)10時30分・14時、烏山区民会館(世田谷区)で。
締切:2月14日。申込等詳細はホームページで。

受動喫煙防止対策に係る相談窓口:【電話】0570-069690(もくもくゼロ)

ハンドブックや標識(ステッカー)を配布しています。申し込みはホームページか相談窓口で。

東京都受動喫煙防止条例 検索←

お問い合わせ:福祉保健局健康推進課
【電話】03-5320-4361
ホームページ

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階