ユーザー登録
文字サイズ

広報東京都 令和2年3月号

令和2年度予算案(3)

4/31

東京都 クリエイティブ・コモンズ

◆令和2年度予算案の主な事業
※( )内は令和元年度予算額を表します

■史上最高のオリンピック・パラリンピックの開催とレガシーの創出 3,262億円(2,658億円)
〈拡充〉聖火リレー
7月10日から24日にかけてオリンピック聖火リレーを、8月21日から25日にかけてパラリンピック聖火リレーを都内で実施し、大会機運を醸成

〈拡充〉シティドレッシング
競技会場やライブサイト等会場の周辺を中心に、道路、空港、駅等をフラッグやバナー等で装飾し、大会を盛り上げ

〈新規〉聖火台での水素利用の促進
化石燃料から脱炭素エネルギーの転換に向けて、聖火の燃料として初めて水素を活用することで、水素を次世代に継承する重要なレガシーとする

〈拡充〉交通需要マネジメント(TDM)に係る対策
東京2020大会時の安全・円滑な輸送サービスの提供と、都市活動や経済活動の安定との両立を図ることを目的に、大会時の交通混雑緩和を目指す「2020TDM推進プロジェクト」を推進

〈拡充〉東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」
競技体験、競技紹介パネルや用具等の展示、ゲストアスリートのトークショー等のパラリンピック体験プログラムを通して、パラリンピックの魅力を発信

[誰もがいきいきと活躍できる都市]
■子供にやさしい社会の実現等 3,642億円(3,101億円)
〈拡充〉とうきょうママパパ応援事業
妊娠・出産期から子育て期にわたる切れ目ない支援が行われるよう、育児パッケージの配布や相談支援体制の構築などを実施する区市町村を支援
さらに、産後の家事・育児への支援メニュー等を新たに追加するとともに、1歳を目安に子育て支援情報の提供や状況把握等を行い、切れ目ない支援を一層強化

〈拡充〉私立高等学校等特別奨学金
都の上乗せによる授業料の実質無償化の対象を拡大
年収目安910万円未満世帯に対し、都内私立学校平均の授業料の額まで支援(多子世帯※には、世帯年収に関わらず、公立学校の授業料額の半額相当の負担軽減を新たに実施。なお多子世帯の授業料の負担軽減は、公立高等学校に通う生徒も対象)
※保護者の扶養する23歳未満の子供が3人以上いる世帯

【とうきょうママパパ応援事業の拡充】
〈新規〉(1)産後家事・育児支援事業
子供を出産した世帯(1歳までが対象、保育所利用の有無は問わない)に対して家事育児サポーターを派遣し、産後の家事・育児を支援

〈新規〉(2)多胎児家庭支援事業
多胎児が0歳、1歳および2歳時に母親が専門職と面接することを条件に、母子保健事業利用の移動に要する経費等を補助
3歳未満の多胎児がいる世帯(保育所利用の有無は問わない)に対し家事育児サポーターを派遣し、家事・育児支援や外出時補助を実施
多胎児の育児経験者との交流会や、多胎育児経験者による相談支援事業を実施

〈新規〉(3)人材育成研修
家事育児サポーターが産後の母子や多胎児家庭を適切に支援できるよう、研修会を実施

〈新規〉(4)ファーストバースデーサポート
1歳を迎える子供を育てる家庭に対して、情報提供や状況把握等を行うとともに、育児パッケージを配布

〈拡充〉(5)産後ケア事業
退院直後の母子に対して、心身のケアや育児のサポート等を行い、産後も安心して子育てができる支援体制を確保

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階