ユーザー登録
文字サイズ

広報東京都 令和2年7月号

熱中症、今年の夏は特に注意を!

17/26

東京都 クリエイティブ・コモンズ

例年、7月・8月は熱中症による救急出動件数が増加します。特に今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で外出の機会が減り、暑さへの慣れが十分でないことや、マスクの着用により熱中症のリスクが高まっています。感染症予防に配慮しつつ、熱中症対策を行いましょう。
マスクをしていると、汗の蒸発が妨げられて体温調節ができず、脱水等を起こしやすくなります。マスクの着用は必要ですが、体調の変化に十分注意してください。

〈熱中症予防のポイント〉
●適宜マスクを外しましょう
・気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意
・屋外で人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合には、マスクを外す
・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとったうえで、適宜マスクを外して休憩をとる
(参照:環境省・厚生労働省「令和2年度の熱中症予防行動」)
距離を十分確保

●暑さに負けない体づくり
・日頃からウオーキングなどで汗をかく習慣を身に付ける

●高温・多湿・直射日光を避ける
・屋外ではなるべく日陰を歩くか、帽子や日傘で日差し対策
・屋内では換気をしつつ、エアコンや扇風機で室温調整

●早め・こまめな水分補給
・のどが渇く前に水分補給
・起床時・入浴前後の水分補給を心掛ける

大人に比べ身長が低い子供は、地面から熱の影響を受けやすいため注意が必要です。屋外では特に、子供の体調の変化に気を付けましょう。

■救急車の適正な利用にご協力ください
救急車の出動が増加すると、救えるはずの命を救えなくなる可能性が高まります。一人一人が熱中症を予防することは、どこかの誰かを助ける第一歩になります。
救急車を呼ぶか迷ったときは、【電話】#7119(東京消防庁救急相談センター)をご利用ください。

お問い合わせ:東京消防庁広報課
【電話】03-3212-2111(内線2325) ホームページ

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階