ユーザー登録
文字サイズ

広報東京都 令和2年8月号

とうきょう日和 38

17/25

東京都 クリエイティブ・コモンズ

心のふるさとで自然に癒される
夕やけ小やけふれあいの里
(八王子市)

JR高尾駅から山あいを走るバスに30分ほど揺られると、自然の中でさまざまな体験ができる「夕やけ小やけふれあいの里」に到着する。ここ上恩方町(かみおんがたまち)は、童謡「夕焼小焼」の作詞者である中村雨紅(うこう)の生家があり、歌詞のモデルになった地として知られている。
みずみずしい農産物の直売所と入園受付が並ぶ入り口を進むと、出迎えてくれるのはポニーやウサギといった動物たちだ。自然あふれる広大な敷地内には、動物と触れ合える「ふれあい牧場」をはじめ、釣り・水遊びに最適な水場やハイキングコース、キャンプやバーベキューができる屋外施設があるほか、陶芸や木工等を体験できるプログラム等が用意されている。
中でも、敷地内を流れる北浅川(きたあさかわ)周辺の散策は、盛夏の頃におすすめだ。緑のトンネルのように生い茂る木々が日差しを和らげ、足元を流れる透き通った水が心地良い涼を届けてくれる。
歩くのに疲れたら、食事処で手打ちそばなどの食事を楽しんだり、日帰り入浴ができる宿泊施設で休憩をとることもできる。大自然の中、ゆっくりと過ぎる時間に身を委ねて夕刻を待てば、きっと歌にあるような光景を見ることができるだろう。

JR中央線・京王高尾線「高尾」駅北口から1番乗り場のバス「陣馬高原下」行きに乗り「夕焼小焼」下車。
[夕やけ小やけふれあいの里]
【電話】042-652-3072 9時~16時30分(8月の(土)(日)(祝)・13日(木)14日(金)は18時、11月~3月は16時)。一般200円。ホームページ

お問い合わせ:生活文化局広報課
【電話】03-5388-3093

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階