ユーザー登録
文字サイズ

広報東京都 令和2年9月号

とうきょう日和 39

17/28

東京都 クリエイティブ・コモンズ

◆伝説のアパートを再現、聖地に活気広がる
トキワ荘マンガミュージアム(豊島区)

「トキワ荘」と聞いて、「漫画の聖地」を連想した人はかなりの情報通。昭和20年代後半から30年代にかけて、手塚治虫や赤塚不二夫ら、名だたる漫画家が下積み時代を過ごしたアパートの名前だ。建物は、老朽化に伴い昭和57年に解体されたが、跡地からほど近い南長崎花咲公園内に、当時の姿を忠実に再現。今年7月、ミュージアムとしてオープンした。
入り口(玄関)で靴を脱ぎ、階段を上る。一段上がるたびに、「ミシッミシッ」ときしむ音がするが、これも演出の一つ。他にも、わざと壁に傷を付けたり、外壁を汚すなど「エイジング加工」を施して、トキワ荘ができてから10年ほど経った頃の様子を見立てている。
階段を上がった先にある共同炊事場には、今しがたまで誰かが飲み食いをしていたかのような痕跡が。ラーメンのどんぶりは、住人たちが実際に通っていた中華料理店の当時のものというこだわりようだ。
各部屋は押し入れ付きの四畳半で、家賃3,000円。コーヒー1杯50円の時代。藤子・F・不二雄や藤子不二雄(A)、石ノ森章太郎など多くの漫画家が出入りし、切磋琢磨(せっさたくま)しあった。こうした逸話や資料を展示している部屋に加え、漫画家の暮らしを再現した部屋も用意されている。テレビからは当時のCMが流れ、机の上には描きかけの原稿が見える。細部まで徹底した、部屋の仕上がりにも注目してほしい。
ミュージアムに面するトキワ荘通りには、グッズが購入できる「トキワ荘通りお休み処」、作品の閲覧が可能な「トキワ荘マンガステーション」もオープン。「漫画の聖地」がますます賑やかになりそうだ。

都営大江戸線「落合南長崎」駅下車、徒歩5分。西武池袋線「東長崎」駅下車、徒歩10分。
[豊島区立トキワ荘マンガミュージアム]
【電話】03-6912-7706 10時~18時。(月)((祝)の場合は翌平日)休。当面の間、入館には予約が必要。ホームページか電話(【電話】03-6915-3666。17時まで)で。

お問い合わせ:生活文化局広報課
【電話】03-5388-3093

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階